富のヒノキ[店頭販売のみ]



1694年、川越藩主 柳沢吉保によって三富新田開拓が行われました。その地に生きた檜の木を使い、まな板、カッティングボード(プレート)を作りました。
天然素材・手作業での加工のため、木目や大きさにばらつきがあります。通信販売は致しませんので、店頭にて製品をお選びいただきご購入下さい。
江戸屋弘東園のほか、あぐれっしゅふじみ野ららぽーと富士見内いるマルシェでも販売中。
また、旅籠 小江戸や様のフードコート内、Mrs.hamburger様では、ハンバーガー用プレートとして富のヒノキを使用していただいております。
[檜のまな板]
トントンと包丁のあたり心地がよいまな板です。各種サイズがあります。
2500円(税込)~
[檜のカッティングボード(プレート)]
果物やチーズなどをちょっと切るときに便利な大きさ。プレートがわりにそのままテーブルへ出してもおしゃれ。
1400円(税込)~
[檜のスマホスタンドスピーカー]
檜の皮の部分を活かした、スマホスタンドです。スピーカーとしても機能します。
1000円(税込)

[檜のペン立て]
檜の皮の部分を活かした、ペン立てです。
350円(税込)~

【檜のまな板のいいところ】
抗菌作用があり雑菌が繁殖しにくい。
包丁が傷みにくい。
食材が滑りにくい。
自然素材なので、料理中削れても安心。
切っている時のトントンという音が心地良い。

【檜のまな板・カッティングボードのお手入れ方法】
毎回使用前に水でぬらして布巾で拭いてから使うと、食材の色や臭いなどを吸収しにくくなります。
使用後は洗剤でよく洗って、陰干しで良く乾かしましょう。
あら塩でこすって洗うと、細かい包丁傷の中の汚れも取ってくれます。